【3時間】第168回 「驚異の地域+客層戦略NO1パソコンスクール・ホエールの奇跡」 

10,500円(税抜)

  • 教材種類をお選びください。
購入数
最高!少子高齢化のベストビジネス!田舎に最適!

テレビで紹介されたホエール加盟校

日本一のシニア向けパソコンスクール「ホエール」... 投稿者 katsumi-kayano



【在籍1100名・姫路8ヶ所・2015年5月現在】
私が三木に1店舗目のパソコン教室をオープンしたのが平成11年7月、それから丸14年が経ちました。以前勤めていた会社の退職金のほとんどを準備に使ってしまい、運転資金がほぼゼロの状態で始めました。そして、シニアにターゲットを絞り始めてからもう12年が経過しました。今でこそ大手のFCもシニアにターゲットを絞りチラシを打っていますが、当初はホエールのみがシニアにターゲットを絞ったチラシでした。

2店舗目の安富校をオープンするときは、周りから「こんな田舎でパソコンする人なんていないやろ」、「お年寄りにパソコンなんて必要ないやろ」、「田舎の人は農作業で忙しいのにパソコンなんて…」といろいろな意見をいただきました。事務所の建築資金を借りるときもパソコン教室はテナントを借りてするのが普通だから、そのための資金なら貸してあげるけど、事務所を建築するのは無謀だし、返済能力もないのにと銀行に言われました。

しかし、建てた事務所を担保にして、嫁と親を連帯保証人にすることでどうにか銀行も1,800万を貸してくれましたが、それでも建ててから4年ほど(法人化するまで)は自分の給料もない状態でやってきてやっとここまできました。法人化するまでにホエールに来てくれたスタッフも4名はまだ現役で頑張ってくれています。その4名のスタッフが頑張ってくれたからこそ、今のホエールがあり、私があると思います。

3店舗のたつの教室は、田んぼの中のビニールハウスでやってました。そこに200名のお客様が通ってました。今はビニールハウスが雨漏りしだしたのに大家さんが修理してくれないので、雨漏りしない所に引っ越しました。その頃に見学された教室様は、パソコン教室が成り立たない言い訳はできないとおっしゃっていました。誰でも出店する地域に出して流行っても経営者としては面白くない。この考えは今でも変わってません。

これまでたくさんの経営者さんとお話しさせていただきましたが、経営が思わしくない方の言い分は「ホエールさんだからうまくいく」、「うちの地域では難しい」、「FCが何もしてくれないから」、「うちのスタッフとホエールのスタッフは違う」など、すべて自分の外に原因があるように言われます。でもパソコン教室をすると決めたのはあなたでしょう。その地域ですることを決めたのはあなたでしょう。FCの中でも儲かっている教室もあるでしょう。スタッフを決めたのもあなたでしょう。

つまり、すべて経営者の責任なんです。パソコン教室で飯食っていくと決めた以上、できない原因を探している場合ではないんです。できる方法を見つけて、取り組んでいくしかないんです。最近とくに、チラシを打っても反応が減って、以前ほどの集客が見込めなくなりつつあります。なら、これまで以上にお客様が教室に来たくなる仕掛け作りをして生き残るしかないのではないでしょうか?そして、パソコン教室の運営ができているうちに、ターゲットを変えていくか、もしくは同じターゲットに別のものを提供するかを選択する必要がこれから出てくると思います。実際、それらの取組みをしているパソコン教室さんも契約先の中には存在します。

お客様を喜ばすことができれば、どんな商売だってうまくいき、喜ばすことができたお客様の数によって、売上、利益も違ってくるというのが私の考え方です。このホームページをご覧の方で私たちといっしょに活動していきたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、ぜひともご一報をお願いいたします。年間32,400円のご負担で私たちが持っているパソコン教室経営、運営のノウハウをすべて提供します。質問の出ないシニア向けテキストも自信を持っておすすめします。





なんとマニュアル50P付き!


●衰退?業界のパソコンスクールで毎年増収増益!大手チェーンをモノともせず、創業わずか9年(2008年)で生徒数は直営800名!(2015年現在は1100名)。経営ノウハウ提携校は全国230ヶ所!一般的にはまったく無名だが、業界では知る人ぞ知る小さな巨人「ホエール」。今回、栢野に騙され、成功の軌跡を初公開!

●「客層は絞る」の大成功事例 が、客層絞っただけじゃダメ。「商品×地域×客層×営業×顧客×組織×財務×時間」×夢×感の10大項目で絞る。

あなたも、文句や安値ばかりのクソ大衆客商売や、良心の呵責に悩む詐欺的ビジネスは辞め、「ありがとう!」と感謝され、お客に「役に立つ」天職を考えてみませんか?(文責・栢野)

●数ヶ月前、1000名以上の生徒を有する長野NO1の英会話スクール「イングリッシュフォーユー」桑原恵美子社長との、数回10数時間に及ぶ電話情報交換の中、何度も「姫路に凄いパソコン教室があるんです。竹田ランチェスター弱者の戦略や栢野さんのことも大前さんから教えてもらった。そこには全国から見学者も絶えない」と。

で、さっそく「ホエール」のHPを見ると、ここまでノウハウ出していいの?と思うほど、自社の情報を公開している(半分は隠している)。感動感心し、思わず電話で2時間ほどヒヤリング。単に客層や地域戦略だけでなく、「夢」×「弱者の戦略・8大対策」×「感」も完璧。スゴイ。本校は人口わずか6000人の町で生徒200名以上。他の4校も似たような田舎。それで生徒は800名以上。授業料は月1万円前後+αで年商1億・社員9名。

さらに自社成功ノウハウを年3万円で215校へ提供+エンド生徒向けテキストも販売。全体で年商2億+経常利益もしっかり。


●【講師のメッセージ】
私が三木(姫路の田舎)に開講したときには、正直チラシもろくに出しておりませんでした。ほとんど口コミだけで100名の生徒様が集まったからです。

しかし、実家のある安富でも同じように考えたのが甘かった。1年で30名強の生徒数しか集まりませんでした。借金して事務所を建築したものですから、返済のために毎日、毎日夜中の1時〜3時に帰るのが普通になっていました。

約2年間というものタダ働き同然でいろいろと考え行動し、やっと今の状況まできました。このようにして分かったノウハウを、お客様のことを真剣に考え、お客様を大切に思われるあなたに無償でご提供しようと考えます。

☆チラシを打ってもお客様が集まらない。→まだまだそんなことはありません。
☆地域柄、中高年はパソコンしない。→地域柄なんて関係ありません。

私は、これから先、私達といっしょになって、地域密着型の地域の方に必要とされる教室にしたいというあなたと共に、教室間のネットワークを作り、意見交換や見学会をどんどんしていきたいと考えます。また、テキスト作りもいろいろな教室様の意見を取り入れ、より一層いいテキストにしたいと考えます。

当教室と共に「よい教室作り」、「よいテキスト作り」に前向きに取り組んで地域に密着したパソコン教室を作りたいとお考えのあなたは大歓迎です。当教室のテキストも中高年の方にターゲットを絞った説明の仕方にしています。ご興味持たれたあなたは、ぜひご一報いただけるようにお願い申しあげます。

このホームページをご覧のあなたのお悩みは、たぶん入会者はある程度いるが生徒数が増えないということに尽きると思います。ここで1つ、長く通っていただくためのヒントをお教えします。長く通っていただくためには、表の欲求に応えることよりも、裏の欲求に応えることに重点を置くことです。

●当教室のある安富町は、兵庫県宍粟郡という姫路からバスで1時間もかかる田舎にあります。交通手段は、バスか自動車ぐらいでもちろん電車なんて通っておりません。人口は6,000人弱で、車で30分の圏内にも5万人いるかどうかです。このような最悪の立地条件でなぜ生徒数200名(1校)を超えたのでしょう。これから年末に向けて3教室200名突破を目標に頑張ります。

実際、待ちの姿勢では到底超えるはずもありません。こちらから仕掛けることが必要になります。何をどのように仕掛けるのか、1人でも多く入会してもらうためのもの、受講期間を延長させるためのものなど、それぞれいろいろな仕掛けを工夫しないといけません。いろいろとお悩みの零細小企業オーナー様のご参考になればと思います。

私がいくらHPで伸びる教室の条件を列記したところで、ことばでは理解できても難しいものです。

今回は九州地区巡回の折り、栢野様の勉強会にお邪魔します。時間の許す限り、生の声でお伝えします。成功の第一歩は真似る=学ぶこと。参考になるところは遠慮なく真似て下さい。そして、当教室を追い抜いてください。そのような仲間が増えることを心から望みます。

パソコン教室「ホエール」代表 大前祥人 (2008年の夏)


☆当日はすべての業種にヒントとなる●集客アップの方法●口コミづくり●受注率アップ●リピート固定客づくりを始め、成功する7つのポイントも公開。

なんでここまで公開するのか。栢野が推測するに、|聾吃穎市の田舎地区では圧倒的シェアNO1でライバルがいないし、今後も出ない。⊆分は十二分に成功した+自社直営の規模拡大欲は小さい。が、自分と同じ様な全国の零細企業の役に立ちたい。その欲は強い。ぞ銭だが、ノウハウ公開することで年3万円+テキストも売れ、ウラでしっかり稼げる・・からかなと

一見、異色。が、極めて原理原則の戦略×戦術で、大前さんの資質も人並み。が、勉強と凡事徹底は人一倍。だから、真似ようと思えば、あなたもできる。画期的な必殺技ではない。これは単にパソコンスクールだけではなく、他業種の零細企業・店舗にも充分応用できる。多くの人に知ってもらいたい。

●懇親会で大前さんから聴いた。ホエールの新教室建設に3000万円かかったが、あるお客さん(生徒)が「その程度なら出すよ」と。他にも近親者から申し出が。「もちろん、断ったし、今後もそういう気はない」のだが、さもありなん人物。これは鬼頭さんも同じだ。「こころの寺子屋で日本を変える」夢・願望・目的・目標×戦略実力×感謝がスゴイ。敵わない。上には上がいる。(注意すべきは番外法則<弱者は調子に乗るな。小さな成功で生活態度を変えるな>のみ。が、成功者は大概、これでダメになる。どうでもいいが。あとで失敗破綻しても、何かを成した実績事例があれば、周囲に夢と希望と可能性を与え、次代の成功者が出る。そして滅び、また次が・・。歴史はその繰り返し。諸行無常が素晴らしい)



●栢野さま おはようございます。農林機器営業 渡邉英雄です。昨日の鬼頭氏、大前氏 両セミナー、ありがとうございました。

「感動」「感心」「発見」の連発で大興奮、そしてあっという間の一日でした。昨夜はなかなか寝ることが出来ませんでした。キャラクターは全然違うお二人でしたが、事業に対する考え方や生き方には共通するものを非常に多く感じました。・強い「想い」を持ち、ヤリ通す。・物事は見方、捉え方でまったく違う結果となる・「気づき」が問題を解決する。個別のお話しでは、鬼頭氏の「個店M&A」は目からウロコでした。

講演後にリードクリエーション福泉社長にもこの件についていろいろ教えて頂きました。鬼頭氏とは見解の違うご意見を伺え、またまた勉強になりました。とにかく内容の濃い、感動てんこ盛りの機会をつくって頂き大変感謝です。ありがとうございました。

●栢野克己 様 昨日は大変ありがとうございました。予想を超えた大変すばらしいセミナーでした。偉人と出会えるきっかけを頂き感謝しております。パワーをいただきました。ありがとうございました。(有)ザッツ 岡 本

●栢野様へ 今日のベンチャー大学、2部の途中からでしたが、参加して、、、というか、大前社長様に直に会えて良かったです、有り難うございました。これが「生」の良さですね。戦略云々よりも、本当に「人柄」ですね。真似できないですし、競争するなら、大前社長様以上に勉強していかないとダメでしょうね。ひたすら自己学習したって事ですから、本当に凄いことです。調子に乗らずに頑張っていただきたいものです。ランチェスター経営(株)伊佐康和

関連のセミナーDVDはコチラ
\ スポンサーリンク /

この商品のレビュー

この商品を買った人はこの商品も買っています

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。

\ スポンサーリンク /