【3時間】第174回【負け犬!】の「高卒夫+専業主婦」が繁盛公認会計士事務所物語

5,250円(税抜)

  • DVDかCDをお選び下さい。
購入数


【負け犬!】あの一言が人生を変えた!

【今に見ていろ!】



 

後援・経産省NICeによる公式レポートはコチラ(写真も満載)

【参加者の声】栢野氏の「講師プロフィール紹介欄」に「変態夫婦」と紹介されていたので、どの程度の変態ぶりか(?)興味がありました。

夫婦で頑張っておられる事業所の苦労話や、夫婦円満の秘訣を盗みたかったので参考になりました。結論から言うと、夫婦といえども個性があるのでお互いを尊重すること、相手のことを認めることでした(納得!!)。

奥様が前座で登場。「情報のインプットとアウトプット」についてお話いただき、ついに「逆算力」を出版した経緯についてお話いただきました。「目標を先に決定しておき、あとは目標に向かって突き進むことが大切。途中で失敗してくじけそうになっても、逆境があっても、突き進むことが成功の秘訣」と教えていただきました。

後半に登場されたご主人が、とうとう変態の内容を暴露!!確かに世間一般では変態と呼ばれる行為(?)を毎日実行しておられました。まあ、健康的な変態でしたが・・・(笑)。また、ご主人が「曼荼羅図」を使って説明されたので、「曼荼羅図」を初めて見た受講生から質問がでて、山崎氏が丁寧に回答していました。
<テレコムOA内野社長> ◆◇◆珍しい栢野の「激称賛」は下↓

  

【ダブルクリック↑】で【画面拡大】

参加者の感想ブログ

◆友人で福岡の大繁盛「山崎公認会計士事務所夫妻」が本を出した。以前から「本を出したい!」とさまざまな努力をしていたが、ほんとに出たね。驚いた。正直、ぜんぜん期待せずに読んだが、これが面白い!

以前から変態夫婦として有名だが、その人生や仕事振りも非常に興味深いね。高卒で転職繰り返しながら世界放浪や仏教修行もし、ほぼ一発で会計士に合格。その夫のスゴイ「逆算力」に学びながら、自らも1000万円近いセミナーや教材に学び、今では戦略マーケティングインストラクターをこなす、3人の子育てもやった主婦が書いた、年収と仕事の効率を劇的に上げる「逆算力」。先週、インド旅行から帰ってきたばかり。アマゾンで「逆算力」 HPは「福岡 山崎会計事務所」で検索

◆「高卒フリーターから公認会計士+単なる専業主婦が勉強努力して起業家+素人がいかに本を出し、大繁盛会計+コンサル事務所にしたかの独立起業物語」

◆旦那のプロフィール:1960年 福岡生まれ。高卒で世界放浪フリーター・1990年公認会計士試験合格・中央新光監査法人勤務・2000年病気のため退社・山崎会計事務所入所・2005年公認会計士山崎隆弘事務所所長就任・妻と共に事務所を経営する・2006年・難しい会計を分かり易くと「会計体操」を作詞、妻が作曲・2006年バリ島でジェイ・エイブラハム氏の個人コンサルを受ける・「会計体操」がフジテレビで全国放映・2007年「新・会計体操」を発表・2009年2月「年収と仕事の効率を劇的に上げる”逆算力”養成講座」を出版・大のプロレス好き

◆奥さんのプロフィール:福岡女子大学卒・福岡相互銀行(現、西日本シティ銀行)5年間勤務。年金窓口と呼ばれるほど、お年寄りに人気あり、社内電話応対コンテスト3位。主に苦情処理係に徹していた。1990年 結婚を機に専業主婦に転身。三姉妹の子育てに奔走15年間・2005年 夫の病気がきっかけに、夫と共に働く・2006年 夫と共働きと同時に、高額セミナーに夫婦で次々参加。ジェイ・エイブラハム氏、望月俊孝氏、本田健氏、岩元貴久氏、土井英司氏、ジェームス・スキナー氏など著名な人物からビジネスについて教えを受ける。ビジネス書、自己啓発書を200冊読破。難しい会計を分かり易くをモットーとする。現在、経営戦略・戦術・マーケティング勉強会を毎週開催。経営者との対話がなにより好き。

【栢野のメルマガより】

◆「恨み骨髄」パワー

先週のベンチャー大学後半のゲストは、福岡で公認会計士事務所を経営する山崎夫妻。期待に反して?個人的に相当良かった。特に、宗教にはまり、世捨て人+プータロー同前だった山崎さんが実家に帰ってきた時、父親が放った「負け犬!」の一言。これで山崎さんの心にスイッチが入り、「今に見ていろ!」と奮起。その後、4年間はバイトや飯場で犯罪者と働きながら、見事「公認会計士」となり、「税理士」で終わった父を越えます。

◆私はこの「負け犬!」と云われた前後の山崎DVD動画を何度も観ながら、「そうだよなあ。そうなんだよ」と頷きました。新刊「弱者の戦略」には「夢×戦×感」のトータルバランスを解説しましたが、実は抜けているものがあります。

それは「恨み骨髄」。(怒りや妬みやジェラシーなんかも)

「今に見ていろ」という正しい恨み(うらみ)でもありますが、韓国には「恨(ハン)」という文化も伝統的にあります。人に寄りますが、甘ちゃんには、この「恨(ハン)」が必須かと。

■様々な起業家の人生を研究すると、この「恨み」に根付いた志というか、夢とか愛とかそういう綺麗事ではない、「今に見ていろ!」がある。

父親が倒産して虐められた「ワタミ」、夫が死んで「もう終わり」と業界新聞に叩かれた「やずや」の現社長である妻、学業がダメで先生や役所から「バカにされた」ランチェスター経営・竹田陽一師匠など、皆、表には出していない「恨み骨髄」パワーを秘めています。

■私も、今があるのは(というほどの成功ではないですが)

・中学時代に下級生「吉田」から虐められたこと
・高校時代に「まりちゃん」を木村に取られたこと
・大学時代に「同志社」や「京大」にバカにされたこと
・ヤマハ時代に「ホンダ」の営業マンから見下げられたこと
・リクルート時代「お前は契約社員か」とバカにされた
・IBMリース時代「お前は終わりだ」と白石常務にバカにされた
・最初の起業失敗時「皆が離れていった」こと
・アド通信社時代「栢野!」と年下の上司から罵倒された
・二度目の起業時「異業種交流会」先輩から罵倒され
・「今に見ていろ!お前の会を追い抜いてやる!」
・「マーケティングコンサルK」にバカにされたこと
・「感動講演家H」に「戦略なんて下品な言葉」と云われたこと

・・・・枚挙にいとまがありません(爆)

・・・・書き出したら止まらない!(笑)

ふだん、「夢だ!」「戦略だ!」「感謝だ!」なーんて云ってますが、出来損ないの人間には、「怒り」や「恨み」に基づく正しい?「今に見ていろ!」が大事だなと。

「妬む」「怒る」「愚痴る」は仏教の三毒?

宗教はどれも壮大な詐欺だ。騙されるな。凡人は。聖人君子になったらお終いだ。燃えよ小人!

「妬む」「怒る」「愚痴る」パワーを活かし、自分の中の、無限の潜在能力を発揮するのだ!

阿修羅のごとく、燃えよドラゴン!




あー疲れた。
\ スポンサーリンク /

この商品のレビュー

この商品を買った人はこの商品も買っています

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。

\ スポンサーリンク /